top of page
  • Japan Homes

オーストラリアの3階建て、4階建ての住宅


オーストラリアでは、3階建てや4階建ての住宅は、米国などの他の国ほど一般的ではないようです。ただ、もちろん都市部では土地が少なく高価なため、人気が高まっている傾向にあるようです。 CoreLogicの2022年によると、オーストラリアの住宅の約5%は3階建てだそうです。今後数年で増加すると思います! オーストラリアで3階建て、4階建ての住宅が人気になっている理由

- 同じ大きさの敷地に建てられた一戸建てよりも多くの居住空間を提供できる。(例えば、複数の子供がいる家族や、別々のホームオフィスやエンターテインメントスペースを持ちたい人にとって特に魅力的)


‐ 建設や維持が比較的安価であり、また、ナビゲートや維持が容易


‐ 小さな子供がいる家族にとっても良い選択肢であり、階段が少なく、子供、お年寄りにFriendly


- 一戸建てよりも省エネ。(自然光と換気を最大限に活用するように設計できたりソーラーパネルや省エネ家電などの設備を備えることも可能)


オーストラリアで一般的な住宅 オーストラリアで最も一般的な住宅は、やはりダントツ一戸建て。

まだまだNZに比べると一戸建ては建設や維持が比較的安価でメンテナンスが楽だからだそうです。 一戸建て(Houses: 独立した土地に建っています。通常、トーレンスタイトル(土地の特定の証明書)に登録されており、所有者は一般的に自由に改築や追加を行うことができます。


半独立型住宅 & デュプレックス(Duplex):2つの住宅が1つの土地に建っており、 共通の壁を共有。 独立した玄関と車道がある。鏡のような部屋の配置になっていたりします♪






ユニットまたはアパートメント(Units or apartments): ユニットとアパートメントは、


主要都市や人口密集地域で人気のある住宅オプションです。

通常、一戸建てよりも小さく、複数の住居が1つの階に存在します。共有の入口があり、建物内に個々のドアがあります。駐車場などの設備も規制されています。






タウンハウス(Townhouses):

2階建てで、リビングエリアが1階にあり、寝室は2階にあります。通常はストラータイトルまたはトーレンスタイトルであり、駐車場などの共有設備があることもあります。









半独立型住宅、デュプレックス、タウンハウスは、大きな敷地に建てられた一戸建ての予算がない人々にとって人気のある選択肢。特に土地が少なく高価な都市部に住みたい人々にとっての良い選択肢。 アパートは、中心部に住みたい人で、多くのスペースを必要としない、または必要としない人に人気のある選択肢。一般的にアパートは、独身者や子供のいない人にも人気のある選択肢。 以上、まとめると、まだまだオーストラリアで最も一般的な住宅は、1Storyの一戸建てだそうです。

もちろんSydneyのような都市部では集合住宅、アパートへの移行がどんどんされているようです。



8 views

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page