top of page
  • Japan Homes

オーストラリア建設業界が直面する課題とリスク

コスト上昇と労働力不足: 建設資材や労働コストの上昇により、採算性の合う新規プロジェクトの開発が難しくなっています。

また、熟練労働者の不足も深刻で、建設の遅延や費用の増加。






  • 資金調達の難しさ: 銀行はデベロッパー向け融資に対して慎重になっているため、資金調達が難しくなっています。デベロッパーは、民間融資機関や合弁事業など、融資の新たな道を模索。(参考: コアロジック)


  • 政府規制: オーストラリアでの開発プロセスは、規制や煩雑な手続きにより、複雑で時間がかかります。これにより、プロジェクトの承認や完了が遅れる。(参考: オーストラリア各地で住宅建設が崩壊している、その理由)


上記を踏まえて住宅やアパートの新築が難しくなり、同国の住宅価格の高騰問題に拍車をかけているそうです。



 オーストラリア建設業界を形作る5つの主要リスク )


  1. 延期率の急増が示す山積みの課題 

  • 延期率の増加は、業界が直面している深刻な問題を浮き彫りにしています。

  1. 労働力不足が課題の上位に 

  • 労働力不足は、オーストラリア建設業界が直面する最大の課題の一つです。

  1. オーストラリアの住宅危機が深まる 

  • 人手不足や資材コストの上昇により、住宅供給が停滞し、購入希望者の負担が増加しています。

  1. 持続可能性はぜいたく品ではなく必要不可欠なもの 

  • 環境への配慮がこれまで以上に重要視されており、建設業界も持続可能な方法を採用することが求められています。

  1. 高まるコスト圧力による見直し 

  • 資材費や労務費の上昇などにより、建設コストが増加しています。そのため、従来の計画や予算を見直す必要が出てきています。



3 views

Comments


bottom of page