top of page
  • Japan Homes

トラスティ税率を39%に引き上げ







現在審議されている法案が施行されたら、2024年4月1日よりトラスティ税率が33%から39%へ引き上げとなります。


トラスティとは何でしょう? これは、「誰かのために財産を管理する人(信託管理者)がその財産を管理する」という事を意味します。

現在、トラスティ収入には33%の税率が適用されていますが、この法案では39%に引き上げることが提案されています。


トラスティ収入には、通常の個人所得税率とは違う税率が適用されます。これは、トラスティ収入が受益者に分配される際に追加の税金がかからないようにするためです。

でも、この法案では、トラスティ収入の税率を引き上げることで、受益者がトップの個人所得税率を回避することができないようにすることが狙いです。


また、特定の種類の信託において過度な課税が生じる可能性を緩和するための特別な規則も提案されています。たとえば、企業受益者への受益の割り当ては、トラスティ収入として課税されます。

また、障害者のために設定された信託のトラスティ収入は、通常のトラスティ税率ではなく、障害者受益者の個人所得税率で課税されます。


さらに、信託として課税される遺産のトラスティについても、特別なルールがあります。

遺産のトラスティは、亡くなった方の死亡日から12か月以内に生じた収入を死亡者の個人所得税率で課税することができます。


レファレンス)



「トラスティって何??受益者って??」の方のために…

例えで理解しましょう。

あなたがおばあちゃんのためにお金を預ける銀行口座を開設するとします。この口座は信託として設定され、あなたが「トラスティ」となります。そして、あなたのおばあさんが「受益者」となります。口座に預けたお金は、将来的におばあさんに恩恵をもたらすために使用されます。つまり、あなたがトラスティとして管理するお金は、おばあさんが受益者として受け取ることができる財産ということになります。

この例では、おばあさんが受益者であり、あなたがトラスティとなってお金を管理していくということです♪

5 views

Comments


bottom of page