top of page
  • Japan Homes

ニュージーランドの不動産投資ノウハウ





第一に、

不動産投資の第一歩は、「買って保持する」か「買って売る」の2つの主要な戦略の選択です。


  1. 買って保持する戦略 : このアプローチは、長期間保持する目的で不動産を購入し、時間の経過とともにその価値が上昇することで利益を得ることを意味します。この戦略は、そのシンプルさとアクセシビリティから好まれ、忙しい生活を送る投資家に適しています。この戦略では、家賃収入と長期的なキャピタルゲインによって収益を生み出します。

  2. 買って売る戦略: 対照的に、「買って売る」戦略は、改装が必要な物件を購入し、改善してからすぐに利益を得ることを意味します。潜在的に利益が上がる可能性がありますが、この戦略は改装や販売に関するより多くの時間、専門知識、参加を必要とします。



投資家もみなさんは、比較的シンプルで、アクセスしやすく、リスクが低い「買って保持する」戦略に傾くそうです。この戦略では、投資家は長期間にわたって収益を安定的に生み出し、定期的なメンテナンスが最小限で済みます。

ただし、「買って保持する」戦略には考慮すべき欠点もあります:

  • 利益はすぐには利用できません。資産は不動産に拘束されます。

  • 長期的な利益を得るためには忍耐が必要です。



一方、「買って売る」戦略は、改装と再販を通じてより早い利益を求める投資家にアピールします。しかし、これにはより高いリスク、予算の超過、およびより多くの時間の投資が必要です。



第二に、不動産投資にいくらの資金が必要かを計算することが含まれます。通常、住宅ローンを確保するためには現金の頭金または既存の不動産に対する資本を必要とします。銀行は、デフォルトの場合の金融リスクを軽減するために頭金を必要とし、不動産投資における財務的な慎重さを強調しています。



何か、皆さまのお役に立てたら嬉しいです♪

4 views

Recent Posts

See All

Comentários


bottom of page