top of page
  • Japan Homes

ニュージーランドの住宅市場減速を掘り下げる

ニュージーランドの住宅市場が弱くなっているという報告があります。国内のさまざまな地域の不動産業者が、現状についての彼らの見解を共有しています。

以下は、主なポイントです。



  1. 購入者の懸念: 住宅市場は、特に雇用の安定性に関する購入者の懸念に影響を受けています。雇用の安定性に関する心配が高まる中、潜在的な住宅購入者は慎重に行動し、住宅購入などの重要な財務コミットメントを控えています。購入者のこの慎重な感情は、住宅市場の弱体化に寄与しています。

  2. 価格の下落: 各地域の不動産業者が一貫して住宅価格の下落傾向を報告しています。これは、地域的な問題ではなく、住宅市場全体の低迷を示しています。価格の下落は需要の低迷や物件の供給過剰に起因し、価格に下方圧力をかけています。

  3. 投資家の行動: 物件投資家の行動に注目すべき変化が見られます。より多くの投資家が物件を売却することを選択しており、市場状況への懸念や資産の清算を目的としている可能性があります。一方で、物件を購入しようとする投資家は減少しており、現在の市場環境に対する信頼や魅力が欠如している可能性があります。

  4. オークションとオープンハウスの参加者数: オークションとオープンハウスの参加者数が減少しています。これは、住宅市場への関心と活動の減少を示しています。オークションとオープンハウスの参加者数の減少は、購入者の興味の冷却と市場活動の減速を示しています。

  5. 価格変動の認識: 不動産業者は住宅価格の下落傾向をより認識しています。この認識は、以前の価格上昇期とは対照的であり、市場のダイナミクスに大きな変化があることを示しています。エージェントによる価格の下落の認識は、住宅市場の弱体化の概念をさらに強化しています。

  6. 逃すことを恐れる心理 (FOMO): 購入者の間での逃すことを恐れる心理 (FOMO) が薄れています。価格上昇の前に物件を確保するために急いで行動する必要があると感じる購入者が減少することで、潜在的な購入者の間によりリラックスした態度が見られ、市場が柔らかくなっています。

  7. 初めての住宅購入者: 初めての住宅購入者はまだ市場に存在していますが、以前の期間と比較してその数が減少しています。この減少は、手頃な価格の住宅の入手困難さ、適切な物件の供給の減少、または投資家からの競争の減少など、さまざまな要因に起因する可能性があり、住宅市場全体のダイナミクスに影響を与えています。

  8. 投資家の関心: 市場にはまだ一部の投資家活動が見られますが、多くの投資家が様子見の姿勢をとっています。この慎重な行動は、規制の変更や市場状況に関する不確実性から生じており、投資家がより明確な状況が出るまで投資判断を延期している可能性があります。

  9. 海外からの関心: 海外からの関心も、規制の制約により少なくなっていますが、減少傾向にあります。海外からの関心の減少は、より広範なグローバル経済のトレンドや政府の政策変更による、住宅市場への外国からの投資に影響を与えています。国際的な需要の減少は、住宅市場全体の弱体化にさらに寄与しています。


4 views

Comments


bottom of page