top of page
  • Japan Homes

不動産投資家向けに大幅な税制変更




日本の住宅ローンと税金に関する新ルールが2024年4月1日に導入されました。

これにより、重要な変更点が生じました。


以下に、主な変更点とそれがジャパンホームズに与える影響を簡単に説明いたしましょう♪


利子控除

以前は、特定の物件タイプにのみ利子控除が適用されていましたが、新しいルールではすべての賃貸物件が対象となります。控除額は物件ごとに異なり、2025年以降は100%の控除が予定されています。新築物件はすでに利子控除の対象であったため、直接的な影響はありません。


ブライトラインテスト

不動産の売却に関する利益に対する課税に関するルールが変更され、所有期間が10年を超えると課税されなくなります。また、5年以上10年未満の所有期間では、税率が軽減されることになります。この変更により、7月22日以降に購入した物件を保有する投資家は、税金を節約できる可能性が高まります。


既存物件と新築物件への投資

新しいルールにより、既存物件と新築物件の利子控除額が同じになりました。ただし、将来的には新築物件のローンが組みやすくなる可能性があります。


エアビーアンドビーの税制変更

短期滞在型の民泊仲介プラットフォーム「Airbnb(エアビーアンドビー)」を利用した賃貸にかかる税制も変更になりましたが、ここでは割愛します。詳しくは、詳細なメモを参照してください。


マーケットへの影響

新しい税制により、投資家は税金を節約できる可能性が高まりました。しかし、利子控除額が既存物件と新築物件で同じになったため、既存物件を活用した提案も魅力的になっています。また、新築物件のローンが組みやすくなる見込みがあるため、顧客のニーズに合わせた最適な提案が求められます。


これらの変更は市場に影響を与え、顧客のニーズに応じた適切な提案が重要です。


*具体的な投資計画については、税理士や金融専門家への相談をお勧め致します★


1 view

Comentários


bottom of page