top of page
  • Japan Homes

投資家の視点から月次市場レポート




今月の調査からの主なポイントをまとめてみました!

次のようになります!


  • 多くの投資家が良いテナントを見つけやすいと感じており、その割合は27%で、これは過去2番目に強い結果です。

  • 新しい物件の購入や自身の開発プロジェクトでの建設に対する関心が低下しています。

  • 来年に物件を購入することを考えている人は、22%です。これは2月と変わらずです。

  • 来年に物件を売却することを考えている人は30%で、2月からわずかに減少しています。

  • 既存の投資家の間での純購入意向は依然としてマイナスで、-8%ですが、これは以前の月からの改善です。

  • 多くの投資家が自身の物件を長期間所有する計画であり、1年以内に売却する計画は8%のみです。

  • 大多数が物件を少なくとも10年間所有するか、決して売却しない予定です。先月からわずかに増加しています。

  • 新しい物件の購入を検討している人の中で、既存の物件に興味を持つ人が増えています。自身で物件を開発する興味は減少しており、他者が建てた新しい物件を購入する興味も低下しています。


Ref)

8 views

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page