top of page
  • Japan Homes

新築と中古住宅の比較



CoreLogicの分析によれば、新築住宅の中央価格は約811,000ドルであり、一方で既存の住宅の価格は約768,050ドルです。この差額は、通常「新築プレミアム」と呼ばれ、おおよそ6%程度になります。





このプレミアムは、2002年以降平均して約6%で安定しています。ただし、2002年から2004年や2016年中頃から2020年中頃にかけてのように、高いプレミアムがある期間や、グローバル金融危機の直後のようにプレミアムがマイナスになる期間がありました。



CoreLogicのチーフ・プロパティ経済学者であるケルビン・デビッドソンは、新築住宅の高い価格は、メンテナンスの必要性が低いことや、改良された断熱など、高い品質によって正当化されると説明しています。



新築住宅の価格が高い要因としては、近年の建設コストの上昇があります。これにより、新築物件の価格を上げてこれらの費用を反映させる必要があります。さらに、新築物件に対して頭金の要件が低く、既存の住宅よりも住宅ローンの金利控除が多いなど、融資や税制度が新築物件を購入しやすくしています。



将来に目を向けると、デビッドソンは新築住宅のプレミアムが今後数年で減少する可能性があると予測しています。この減少の要因としては、建設活動の減少により開発業者が事前販売を確保しにくくなり、価格の割引が起こる可能性があることが挙げられます。また、より多くの既存の住宅が市場に出てくることで、一部の購入者が既存の物件を選択する可能性があります。



価格の変動にもかかわらず、住宅供給の増加という基本的な問題に対処することが重要であるとデビッドソンは強調しています。



まとめると、新築と既存の住宅の価格差は変動するかもしれませんが、住宅供給を増やすというより広範な問題が住宅の手ごろさに対処する上で重要です。

4 views

コメント


bottom of page