top of page
  • Japan Homes

歴史を垣間見る: 16世紀の数寄屋造りの家屋がオークションで落札される



Remueraの Portland Roadという

魅力的な地域に、最近、ユニークで魅惑的な物件が建築ファンの注目を集めました。16世紀の日本の伝統的な数寄屋造りを忠実に再現した築40年の住宅がオークションにかけられました♪


約30人の参加者が見守る中、2人の入札者が入札合戦を繰り広げ、最終的に395万ドル(日本円でどのくらい?? 3憶4千万円くらい?) で落札されました!


その瞬間に立ち会った私たちは、この数寄屋造りの家屋の未来に、大きな期待と興奮を覚えました。








家の中を探検


私たちは、丁寧に作られた数寄屋造りの家を見学することができました。和風の玄関から一歩足を踏み入れると、その温かく心地よい雰囲気に圧倒されました。

この忠実な再現に費やされた愛情と配慮は、細部に至るまで明らかでした。

複雑に配置された木の梁や繊細な紙製の障子など、この家は本物の魅力を放ち、私たちをタイムスリップさせてくれました。




時代を超えた特徴を守ること:


伝統的な美意識と現代的な利便性が見事に融合していることに魅了されました。

デザイン、レイアウト、素材は、16世紀の数寄屋造りの家屋に敬意を表しながら、

現代の生活様式を取り込んでいます。

このように過去と現在がうまく融合することで、この家の個性を後世に伝えたいというオーナーの思いが伝わってきました。


未来へ向けて


この素晴らしい数寄屋造りの住宅が売却されたことで、私たちはこの住宅の未来楽しみです。この建築の宝石は、今後どのように進化し、その魅力を保ち続けるのだろうか。

日本の伝統の証として、

訪れる人に静かな感動を与え続けるだろうか。


時間が経たなければ答えは出ないが、私たちはこの家が何世代にもわたって人々を魅了し、感動させ続けることを期待しています。



8 views

Recent Posts

See All

コメント


bottom of page