top of page
  • Japan Homes

Building Consent (建築許可)を理解しましょう

Updated: May 29, 2023

とは、「ここに建物を建ててもいいですよぉ」というような、

建物を建てるための許可証です。一般的には、このBC (建築許可)が必要です。

ですが、

工事が終わった後では許可を得ることはできません!

その場合は、「Certificate of Acceptance(受け入れ証明書)」

という申請をしなければなりませんが、許可される保証は

ありませんし、工事を取り壊すよう求められることもあります💦


工事中に設計を変更する場合は、「建築許可の変更申請」を

しなければなりません。できれば避けた方がいいです。

変更は追加の費用や工事の遅れを引き起こす可能性があります。


建物の所有者は、点検の手配をする責任があります。

もし他の人が担当している場合(例えば、建築業者(Japan homes など)や建築家)、彼らがちゃんと点検を行っているか確認してくださいね。



Q. どのような場合に建築許可が必要なのですか?


先ほども伝えた通り、ほとんどの建築作業では、一般的に建築許可が必要です。

ただし、Schedule 1: Exempt Work(免除作業)に該当する場合は例外です。


実際、申請するために2つの方法があります:

1. 建築基準法の要件を満たし、必要な書類がすべて揃っていることを確認した上で、ご自身で建築許可を申請する。

2. 建築家/デザイナーまたは建築業者に申請を代行してもらう。

(ただし、記入漏れがないよう、提出書類を再度確認することをお勧めします!)



普通、建築許可が必要なものの例としては、以下のようなものがあります!

  • 新築、増築、改築、小屋、地盤改良などの建築プロジェクト

  • 配管や排水工事

  • 暖房、換気、空調システムの設置

  • 建物の敷地の準備

  • 高さ1.5メートル以上の土留め壁、建物や車道に近い土留め壁

  • 高さ2.5メートル以上のフェンスやプールのフェンス

  • プールの建設

  • 地面から1.5メートル以上高くなるデッキ

建築プロセスをスムーズかつ適合して行うためには、規制に従い、必要な許可を取得することが重要です。



<重要な情報>

‐ 建築許可の有効期限 :

12ヶ月以内(またはBuilding Consents Authority、通常はCouncilが指定する期限)に工事を開始しなければ、建築許可は失効します。必要であれば、さらに期間を延長してもらうことも可能です。


- Code Compliance Certificate (CCC) 責任

契約書に別段の記載がない限り、Code Compliance Certificateを確実に取得するのはお客様の責任です。CCC申請が却下された場合、ビルダーが問題を解決してくれることを確認する。CCCがないと、将来的に問題が発生する可能性があります。


- ビルダーの欠陥修正義務

建設業者は、最初の12ヶ月間、問答無用で欠陥を修正することが法律で義務付けられています。


以下のいずれかが許可された場合、開発負担金を支払う必要があります:

● Resource consent(土地利用の許可)

Building consent(建築の許可)

● 自治体によるサービスへの許可


上記の費用は、あなたが支払いを行うまで協議会によって追跡され、そうでない場合は、許可自体を取り消される場合もあります!


12 views

Recent Posts

See All

Comentarios


bottom of page