top of page
  • Japan Homes

New Zealand 新政権は海外投資に関する戦略の変更を進めています

新しい政府は、外国からの投資を増やすために方針を変えようとしています。

これには、政府の手続きを簡略化し、外国の投資家がニュージーランドに投資しやすくするという目標が含まれています。


2023年12月以降、海外投資局OIO(Overseas Investment Office)は以前よりもスピーディに意思決定を行っています。特に、重要なビジネス取引の承認が通常よりも早く行われています。政府はOIOに対して、低リスクな投資に対する厳格な審査を緩和し、迅速な承認を促進するよう指示したようです。


住宅大臣兼財務大臣補のクリス・ビショップは、外国人投資家がニュージーランドで賃貸不動産を建設しやすくするため、海外投資法の改正計画を明らかにしました。政府はOIOに、具体的なアプローチを指示する計画です。


さらに、政府は国家安全保障に関連する場合を除き、外国投資の承認プロセスに閣僚が関与する機会を制限したいと考えています。これにより、OIOに多くの決定が委ねられることになります。エネルギーやインフラなどの重要な分野への外国からの投資を容易にするため、他の法律も見直される予定です。


法律の変更には時間がかかりますが、政府はOIOに対する新しい方針と指示をすぐに発表する予定です。

2 views

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page